logo

尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン

ギーガーによる『エイリアン』のエイリアンの造形との共通性を指摘する声もあるが、これも因果なのか、エメリッヒ版ゴジラのプロポーションもエイリアンと似ていると言われることもある。 2. 尻尾から第5形態が湧き出て終わった、映画『シン・ゴジラ』のラストシーン。 あの後どうなるのか、さまざまな考察がうまれているのも、この映画のおもしろさであろう。. 牧元教授は放射能を憎み人間を憎み日本を憎み(劇中の会話より)自殺したと言えそうです。この行動は初代ゴジラの芹沢教授を彷彿とさせます。 牧教授がゴジラの化身という考察をする方も見受けられましたが、そうなるとテーマが希薄になりブレブレになってしまう。完成報告会の庵野監督の発言からしてどうなのかな。 私は好きにした、君らも好きにしろ の意味としては、ゴジラの出現を予見しながらも自殺(牧にとっての好きにした行動)の道を選んだ。 人類に対してヒントを残し、あとは自殺(人類絶滅)か駆逐かの道を人類が選べ(君らも好きにしろ)という意味合いになる。この相反する問いは『春と修羅』の伏線となった修羅の二面性にもかかっている。 aside type="boader"参考図書・映像 シン・ゴジラ映画パンフレット ゴジラの常識 協力・東宝 二葉社 シン・ゴジラ 東宝 ゴジラ(1954) 東宝 春と修羅 宮沢賢治(青空文庫) 知っておきたい仏像の見方 瓜生中 角川ソフィア文庫/aside. 口から放たれる放射能を伴う熱線。 発射時には下顎が分裂し、アゴが外れたかのように大きく開く。 初使用時当初は膨大な熱風と黒煙を噴出し、直後にこの黒煙に着火して巨大な火炎放射に変化したが、この段階でも超広範囲のビル群を薙ぎ払い、焼き尽くすほどの威力を誇る。やがてこの火炎が急速に集束されて紫色の細い光線状に変化し、無数の高層ビル群を瞬時に両断するほどの熱量と貫通力、優れた放射時間、そして高速で飛来する弾頭及び上空5000メートルを飛行するB-2爆撃機や遠方のヘリを正確に狙撃・撃墜するだけの射程距離と精密性を持つ凶悪な破壊光線と化した。初使用後は攻撃能力として完成したためか、火炎放射の段階を経ることなく光線を即座に吐き出せるようになっている。 直撃による爆発も強大な威力を伴っていた従来個体の熱線と違い、上記の通りの熱量の結果対象を「溶断」するのが主たる攻撃手段となっており、爆発は熱量に伴う二次被害に過ぎない。 脚本中では初期の黒煙状態を「超高熱放射性粒子帯焔」と表現しており、超高温かつ高密度な放射性物質の粒子を吐き出していたことが明らかになった。つまり熱線の正体は凝縮された火炎などでは. 最後に庵野監督が残した伏線に触れます。 冒頭、無人のプレジャーボートからはじまりましたが、あそこに伏線がありました。しかも庵野監督らしい小難しい伏線。 折り紙の伏線は劇中で説明されてましたが、問題はもう一つのほうです。宮沢賢治の『春と修羅』。宮沢賢治の作品の中でもこと解釈が難しい。 ですかポイントはこの作品の解釈ではなく、庵野監督が劇中に登場させた意図を探るのが目的ですからざっくりとした解釈でアプローチしても問題ないはず。 春と修羅という作品は賢治が仏教の求道者として春のある日の心象を記録している作品。宮沢賢治は熱心な法華経徒としても有名ですからその点を踏まえて考えていくと分かりやすいです。 冒頭、布教活動に勤しむ春(4月頃)の正午の記録、意味は分からなくとも「のばらのやぶ」や「腐植の湿地」、「管楽よりもしげく」といった表現から賢治の心が穏やかではないことが伝わってきます。 求道者の生き方を探し求めていた賢治は仏教の悟りを開けない自身のことをおれはひとりの修羅なのだと宣言するのが「春と修羅」のざっくりとした内容です。 また途中から文が字下げしたり字上げしたりと、まるで波を打っているような構成になるんですが、これは賢治の心象のアラぶれを表現しています。 で、問題は「おれはひとりの修羅」の「修羅」です。タイトルにも付けられている修羅ですが、実はこのワードは「阿修羅」の略語なんです。 ――ここから昔話―― 阿修羅さんは元々は悪さばかりしていた悪神でした。帝釈天との熾烈な戦いっぷりから「阿修羅の如く」とか「修羅場」なんて言葉が生まれたほど。 しかし、そんな阿修羅さんも釈迦との出会いにより諭され守護神として善神に改心したという経緯があります。賢治が宣言した「修羅」とは怒りだけではなくさまざまな感情が入り混じっているのです。 興福寺の阿修羅像を見れば善と悪との相反するゆえの葛藤や苦しみをうまく表現しています。顔が三面になっているのは、阿修羅マンの過去を知った今では理解できるはずです。 折り紙はゴジラの解析データの最後のピースを埋める伏線でしたが、『春と修羅』から阿修羅(または修羅)が伏線である考えると、牧元教授の心の葛藤を表現しているように思えます。 自殺という最後でしたが苦渋の決断はあったのでしょう。ゴジラの解析データを残していた時点で恨みを持ちつつも「完全な悪」にはな. 放射線流のエネルギーを体内に留め、口からではなく背ビレから複数同時に放出する放射線流の派生技。上空からの攻撃に対抗する為に編み出した物であり、対空迎撃能力に優れる。.

シンゴジラネタバレ注意シンゴジラのラストで尻尾から第5形態が生まれてきてるようなのですが、凍結させた時はすでに尻尾はあの状態だったのでしょうか? それとも凍結した後も進化は止まらずに凍結後から進化し、あの状態になったのかどっちなのでしょう。後者なら時間がたてば生まれ. 形態変化 / 自己増殖. See full list on dic.

ゴジラ映画でこんな異質なビジュアルを出してくるとは思ってなくてビックリしたわ 101 無念 /12/14 18:17:39 散々期待感を煽ってからいざ尻尾から分離した途端に テレビ特撮の怪人みたいになって微妙な空気になる そんな続編が見たい 105 無念 /12/14 18:18:42. 東京湾に突如として現れた巨大不明生物。 略称「GULF(Giant Unidentified Life-Form)」、つまり「湾」という意味である。 その正体は60年前に各国が深海に投棄した放射性廃棄物を摂取し生態変化を起こした太古の海洋生物(なお、ゴジラの前身となった古代生物がどのような存在なのかは解明されていない)。すなわち、単純な突然変異ではなく「自己進化による適応個体」であるという点において従来のシリーズで見られた各個体とは一線を画す由来を持つ。 「ゴジラ」の名称はその存在を予見していた牧悟郎元教授により、彼の故郷大戸島に伝わる荒ぶる神「呉爾羅」にちなんで付けられた。なお、牧元教授は日本の学会から見放される形で米国DOEに渡り研究を続けていたため、この時に「GODZILLA」の英名も与えられている(GODの三文字を頭に据えたのは呉爾羅に対する畏怖と、一神教信者が多数を占める米国民に対する皮肉、もしくは警告と思われる)。 地球の生態系の実質的な頂点に君臨する完全生物であり、体内には未知の放射性元素と人間のおよそ8倍という膨大な遺伝子情報を内包し(専門家らの考察によれば「遺伝子の内で意味のある部分が人間の8倍」との意見もある)、その外見は鳥類・爬虫類・魚類など様々な生物の性質を併せ持っているという。 世代を経由しない一個体のみの進化による形態変化によって様々な環境に適応する他、放射性物質の毒性を克服しており、更に生物として避けては通れない「死」という概念すら超越している可能性が示唆されている。 当初は、体内に原子炉のような器官を持ち、放射性物質を捕食して核分裂によるエネルギーを得る生物だと推測されていた。しかし、終盤で体内に「熱核エネルギー変換生体器官」と呼ばれる生体システムを持つことが判明する。これは体内に取り込んだ物質の元素を細胞膜を通して任意の元素へと変換するものであり、水素や窒素などの陽子数の少ない元素から生存に必要な元素を生成し、更にその際の崩壊熱をもエネルギー源として利用している。いわば生成される元素を任意で選べる核融合炉であり、水や空気さえあればどこであっても栄養素とエネルギーを生み出し生存が可能。そのため霞を食べて生きる仙人にも喩えられた。 自分の意思で状況に合わせた進化および適応による肉体の変化や能力の発現が可能であるが、これは先述の膨大. 初代ゴジラとその後制作されたゴジラシリーズとでゴジラの決定的な違いは何か。それは 目 です。 初代ゴジラでは日本に上陸して破壊の限りをつくして海に帰っていく。ほかのゴジラ作品ではゴジラと対戦する怪獣が登場するようになってくるため、目の位置は当然怪獣に向けられています。 けど初代ゴジラでは対怪獣は登場しないため、その目線は人間に向けられているのが分かります。シン・ゴジラでもゴジラの目線を庵野監督はものすごくこだわったといいます。 頭部が斜め下を向き目線を人間に向いています。庵野監督曰く、ゴジラには極力感情表現をなくすように撮ったそうですが、その代りゴジラの視線の誘導によって感情を表現したそうです。 そういえばパッケージに描かれているゴジラの目線もよく見れば、、、ジンゴジラの「目」一つとっても初代ゴジラを意識(リスペクト)しているのが分かります。. これにはヤラれました。ネタバレとなりますが、ゴジラは自己進化する能力や単体だけで増殖する能力を備えている「完全生命体」であると説明されています。ラストシーンにて、あの人型が尻尾から生えている状態を見せられると、「なぜ人みたいなの出てきているの?」「作戦が失敗してたら人型ゴジラが出てきたってこと?」といろいろと考えさせられるんです。 庵野さんと言えば、『エヴァンゲリオン』の旧TV版や旧劇場版、そして新劇場版:Qのラストシーンで「どゆこと!?????」と思わせる演出をして、視聴者を翻弄・困惑、そして魅了させてきました。今回の『シンゴジラ』のラストシーンは、『エヴァンゲリオン』で魅せた特徴と同じものがあるのです。 だから、『シンゴジラ』が最高に面白い。「ゴジラを倒せて良かったね。めでたしめでたしの映画だった」という単純な感想にならない。「ラストシーンってどんな意味が込められているのかな」と思わず考えたくなり、観た者同士で語りたくなってしまうのです。 もし、まだ観ていない人がいたら、ぜひ劇場で『シンゴジラ』を観てください。ここまで読んでしまっているのでネタバレ情報を持っている状態で映画を観ることになりますが、それでも十分に楽しめる作品なのです!. See full list on movie-runner. シン・ゴジラを考察する上でラストの人間らしき骨がゴジラの尻尾に絡みついていましたが、あれは何を意味しているのでしょうか。 やはりここでも初代ゴジラのラストと比較することでそれなりに意義があるはずです。 初代ゴジラのラストではオキシジェン・デストロイヤーによってゴジラを倒すことに成功するも、山根博士が最後意味深なセリフによってラストをむかえました。 それがこのセリフ。 このセリフのオマージュといいますか映像で表現したように思います。もちろん初代ゴジラに水爆実験と重ねあわせたように、シンゴジラから福島原発を連想した方は多かったはずです。 また、ゴジラが次の形態(進化)として人間を模したような造形だった点についても、初代ゴジラの山根博士のセリフにあった「ゴジラの同類」を根拠にすることで納得できると思います。 一つ補足として、尾尻にいた人間を模したような造形だった点についてですが、ゴジラは生態ピラミッドに縛られない完全生物として描かれていました。 「無生殖による個体増殖が可能」という説明も劇中にあったことから、複数の人間のような造形は進化の一過程を表現していたと思います。背びれらきしものが確認できたことからも、人間ではなくゴジラに進化する途中の姿といったところでしょうか。 ちなみになぜ尾尻に人間のような造形が現れたのかと言えば、血液凝固剤の効果が薄い場所(口から一番遠い場所)だからではないだろうか。 血液凝固剤によってゴジラは停止した、しかし、その巨体は都心に立ち続ける。いつ、活動を再開するのかという恐怖を日本人に植え付けながら。. 自己崩壊と自己再生を繰り返すことで世代を経ないまま自身を進化させる能力。 環境の変化や敵の攻撃に対して急速に対応できる。この能力から、日本政府は進化の度にゴジラの脅威度を改める必要を迫られた。 第1形態から第4形態まで都合三回の進化を遂げているが、第4形態以降も活動を続けていた場合、環境の変化等を経験することで更に進化し、自己増殖・分裂能力を獲得しての群体化、果ては翼竜のような形態となり、有翼化による飛行能力の獲得とそれに伴う大陸間移動の危険性も示唆されている(実は、エメリッヒ版ゴジラも小説ではジャンプ時に背びれを羽ばたかせており、まるで将来の進化性を思わせる部分がある)。 なお、ゴジラの姿は各形態で大きく異なるが、死んだ魚のように見開いた目と鋭い背ビレ、そして異様に長く歪な先端形状を持つ尾等の特徴が共通している。 ちなみに第2形態から第3形態へ変化する際、セミの様に背中から脱皮、なおかつ大量の放射線エネルギーをまき散らすという設定も考えられていたが、結局は劇中のように第2形態が直接立ち上がって第3形態へ移行する形となる。 なお、本編では自己増殖する過程で劇中ラストのように尻尾の.

『ゴジラ キングオブモンスターズ』でゴジラ熱が出てる方も多いハズ。 実は僕がその一人です。平成ゴジラシリーズとともに成長した世代ですからね。 本作と繋がっている『GODZILLA』や日本のゴジラを改めて観たい欲求がヤバいです。. 。 ※ちょうどこんな感じです。 ゴジラと自衛隊の迫力ある戦闘シーンやストーリー展開で、『シンゴジラ』に対する評価はすでに高まっていました。「これは面白い」と。そんな中、先ほど紹介したラストシーンの尻尾のショットです。ラストに「ええええええ!?どゆこおおおお」となって終わるのです。. 多分あれはゴジラの赤子か第5形態だと思います しかもラストのチビラ達は背びれと尻尾が有りましたし劇中で言ってたように個体増殖したんだと思います。ちなみにスケルトン化した尻尾には大量のチビラが居て先端には大きいゴジラも居ました。. やはり無人だ。事件性はなさそうだが、海中転落の可能性あり。曳航準備に入る」海上保安庁『はまなみ』海保隊員 牧博士が乗っていたとされるプレジャーボートが無人状態で発見、海中転落が示唆されます、そしてその直下からゴジラが現れます。 少なくとも博士がゴジラ出現のきっかけを作ったことは明白で、また、牧博士がゴジラそのものである仮説が生まれます。この時点で、ゴジラのDNA中に人間のDNAが組み込まれていることが考えられます。 「その影響下で生き残るために放射能に耐性を持つ生物へと急速に進化した」カヨコ・アン・パタースン – 米国大統領特使(演・石原さとみ) ゴジラは環境に変化するために恐ろしいスピードで進化することがわかっています。蒲田くんから品川くん(第2形態から第3形態)への急激な変化もまたしかり。 第4形態になったゴジラは再び都内を目指して上陸・前進しますが、明らかな威嚇攻撃はゴジラから仕掛けてきてはいません。ゴジラはただ移動しているだけ。それだけでも脅威であるから、人間のほうから先にゴジラを攻撃します。 そしてゴジラは人間に脅威を感じた、だから人間に対抗するために同じヒト型へ進化しようとしたのではないか、と僕は考えます。 「進化的見地から、小型化だけでなく、有翼化し、大陸間を飛翔する可能性さえある」間准教授(演・塚本晋也) このセリフはまさに第5形態を予見させます。 ゴジラ凍結作戦が失敗していたら、将来的には尻尾から出てきたヒト型第5形態には羽が生えて世界中に散らばっていただろうと思われます。 というわけで、第5形態について勝手に考えてみました。いろんな考え方があると思いますが「各々が想像して楽しむのがいい」という幅があって、映画がより楽しめるようになっていますね。. 私は4人家族で4歳と2歳の子供がいるのですが、夜に食べに行って 映画『シン・ゴジラ』の中で、これまでになかったゴジラの形態変化が注目されました。映画では第1形態から第5形態の始まりまでを確認することができますが、巷では第6形態から第8形態の噂も立っています。その真相に. .

シン・ゴジラの劇中ラストで姿を現したのが第5形態です。 尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン 人間によって凍結された第4形態の尻尾の先端から分裂しています。 体長は劇中の形態の中で1番小さく、これまでの形態と比べ、人間の形に近いのが特徴です。. 尻尾から第5形態が湧き出て終わった まずはおさらい、ゴジラの進化。 第1形態 海面からシッポが出てくるだけで全容は不明 第2形態 蒲田に上陸したときの形態、通称「蒲田くん」 尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン 第3形態 直立歩行形態、品川付近で進化したことから通称「品川くん」 第4形態 鎌倉から再び上陸したときの形態、通称「鎌倉くん」 第5形態 尻尾に見えたヒト型の形態。実際この進化は凍結作戦により未遂に終わっている 僕は1回目に映画を見たとき、てっきり蒲田くんが第1形態だと思っていたけど、間准教授(演・塚本晋也)の書き示すこれによれば、海中での形態から数えるらしい。 出典:ジアートオブシンゴジラ「確認された形状を簡単に整理してみた。第1形態、第2形態、そして第3形態だ。今後も変態を遂げると思われる」 ジ・アート・オブ・シン・ゴジラには、巨災対が目にしていた資料などがかなり豊富に掲載されておりかなり楽しいです。. そして、映画のラスト・シーンが尻尾の先端の大写し。 なにゆえか、未完の尻尾の先端に、人間状の突起物がいくつか。10人分くらい。 これは、どーいうことか?? 『シン・ゴジラ』を5回観ても、この尻尾の謎が解けない。. . See full list 尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン on anabre. さっそく、冒頭に述べたゴジラの尻尾のヤバさをネタバレします。長谷川博乙演じる矢口(内閣官房副長官・政務担当)によって発案されたゴジラ凍結プラン(ゴジラの血液を凝固させる薬剤を注入し、ゴジラを封じ込める計画)によって、東京丸の内でゴジラの活動を停止させることに成功。 そして、映画のラストシーンにて、カチンコチンに固まったゴジラが映ります。胸から頭へゆっくりとがカメラワークが移動していき、最後に龍のように空に向かってうねる尻尾が映るのですが、なんとそこには、尻尾から這って出てきたかのように、骨がむき出しのグロテスクな感じのいくつもの”人”らしき生物が固まっていたのです. ここが一番気になるポイントだと思います。 第1形態から第4形態では恐竜風で、第4形態は誰もがよく知るゴジラの姿に収束した。にも関わらず、第5形態は小さいヒト型。ヒト型であるがゆえに、そもそもそれが第5形態である、ということに気が付くまで時間がかかりました。 ヒト型である理由を考えるにあたっては、以下のセリフが参考になると思います。 「船内は無人の模様。遺留物あり。.

See full list on infall24. ってことでゴジラ作品を配信している動画配信サービスを調べてみました。 結論から述べると、ゴジラを楽しむなら『Hulu』か『Amazon Prime Video』が良さげ。 この2つがもっとも配信数が多かったから。具体的には以下の通り。 最近CMをやり始めた『U-NEXT』は見放題1作品・別途課金4作品ですから. の7月に「シン・ゴジラ」が公開されました。今作でもゴジラは人類の脅威となり、人類がゴジラに立ち向かいます。これまでのゴジラシーズと同様に「シン・ゴジラ」でもメッセージ性のあるシーンが数多くありました。その中でも第5形態はかなり異様な存在感を示しています。第5形態は. シンゴジラ カヨコ・アン・パタースン役は誰?英語下手すぎない?ルー大柴にしか見えない!? シンゴジラのラスト しっぽの意味は?人間が生えている理由が知りたい!勝手に考察してみた!! シンゴジラ形態変化の段階と名称は? シン・ゴジラ 考察 前述しましたが、ラストの尻尾から出てくる姿は、ゴジラの「 第5形態 」と言われています。 以上を踏まえてると、ゴジラは第1形態から第5形態まで変化するので、これは 最終形態 とも言えるでしょう。 しかし、これは【シン・ゴジラ】での話です。. と称されているのを考えると、 シンゴジラが進化する過程の状態. ゴジラシリーズ シン・ゴジラ ゴジラ バーニングゴジラ GMKゴジラ GODZILLA 平成版ガメラ - (『大怪獣空中決戦』の樋口氏によるコンテではプラズマ火球を吐く際には口が大きく裂けるという設定だった。とは言えこちらはあくまで顎の骨が微妙に外れるくらいの範囲。また、当時のギニョールには表情が近いものがある) 尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン 平成版ギャオス - 尻尾から第5形態が湧き出て終わった 映画 シン ゴジラ のラストシーン (一方のギャオスは「高い環境適応能力」「無性生殖による爆発的な増殖」が危惧されていた。ただしその進化サイクルおよび繁殖方法は全く別であるが) イデオン - (無数の軌跡と共に放たれる体内放射線流の描写はイデオンの全方位ミサイルのそれに似ている) 巨神兵 - (ビーム状態の放射線流の描写がこれの陽子砲に近い。また、上記の通り第5形態にはこれを意識したと思しきデザインもある) しんごじくん. ラッキーなことに、僕の友人のお兄さんがシン・ゴジラの映像制作に携わっており、直接ではありませんが話を聞くことができました。 それによると、もともとは尻尾から牧博士が出てくる設定だったということです。尻尾の中に目が入っているのですが、それが牧博士ということですね。 シン・ゴジラに関する他の記事はこちらをどうぞ。タバ作戦の解説や、防衛出動など自衛隊に関することからゴジラのガチャガチャについて書いています。.

シンゴジラの尻尾については 様々な憶測が生まれているけど、 私としては あの尻尾の状態が. 今年の映画はシンゴジラで決まりかもしれませんね。 そんなシンゴジラですが、 映画館でシンゴジラを見終わった後も、 シンゴジラの話題で盛り上がれます。 1つは最後のシーンの考察についてです。 ゴジラを凍結した後に、 ゴジラの尾から出てきた人間は. 大ヒット映画 『シン・ゴジラ』 、小出恵介さんのシーンがカットされたことも話題になりましたが、それよりもラストシーンの尻尾のアップに注目が集まり、『シン・ゴジラ』の尻尾の人間は8人という噂が! キャラクターコンセプトは監督の庵野秀明が考え、それを元に前田真宏がイメージデザインを興し、そしてそこから竹谷隆之が原型となる雛形の造形を行った。 メインとなる第4形態は胸部が鋭角的に隆起したやや細身の上半身に対し、異様に肥大化した爪先立ちの脚部を持つ下半身という非常に独特なバランスで構成されている。 両腕はティラノサウルスのそれと同じく身体に比べてかなり小振りで、しかも脇の部分で固まっているのか、指以外はほとんど動かせず、常に掌を上に向けている。 表皮が剥けているような歪な先端部を持つ尻尾は身体よりも長大で、これを高く持ち上げて振り回しながら歩行し、先端は例え休眠状態であっても決して地面に着けることはない。 また、その尾の先端部は様々な生物の要素を内包しているという設定で造形され、よく見るとさもそこが第二の頭部であるかの如く目や歯のようなパーツが埋め込まれている。これもまたゴジラが自己増殖する過程で生まれたものであるが、実は上手く分離することができなかった成れの果てとして尻尾の先端に現れている。なお、TAOSGでの庵野総監督のインタビューによれば、正面の頭部はあくまで熱線放射のための器官でしかなく、脳があるのは実は尻尾の方というイメージでデザインしたという。ただし、同誌に掲載された尻尾先端部のイメージボードには“頭部やセキツイ、内臓のような組織はあるが全く機能しない”という注約が記されている。 背びれのデザインはvsシリーズの個体と同じく大きな柊葉に近い形状だが、先端に白縁の無いかなり荒々しい感じになっているのが特徴。デザイン段階では原子炉を体内に宿していることから制御棒を背びれの代わりにしたスタイルが検討されていたこともある。 全身を覆う外皮は野菜のゴーヤをイメージしたゴツゴツした質感の筋肉繊維や骨格が剥き出しになったような漆黒の皮膚であり、加えてバーニングゴジラと同じく常に高温の熱エネルギーを湛えているという設定を踏まえてか、その各所にはまるで冷えて固まりかけたマグマを髣髴とさせる赤い光が漏れている。 その為夜になると黒い身体の中で赤色の部分だけが闇夜にぼんやりと浮かんで見える感じとなり、これもゴジラの圧倒的存在感と恐怖を引き出すのに一役買っている。 この光はゴジラ自身のエネルギー活動を表しており、休眠状態に入ると一時的に消失するが、やがて活動再開が近づく. シン・ゴジラでは上陸したゴジラは第1~4形態に変化(あるいは進化)していきます。庵野節は入れていますが初代ゴジラのストーリーと大筋は同じです。 初代ゴジラは水爆実験により住処を奪われた古代生物と説明していました。志村喬演じる志村博士によれば と説明していました。 さらに放射性因子を帯びた、いわば水爆の被害者と説明、あるいは解釈できます。ここから、メタファーとしてのゴジラを考えればさらにいろいろ考察できますが長くなるので省略。 では、『シン・ゴジラ』のゴジラはなんなんのかという話になるわけですが、最終的に結論付けたのが熱核エネルギー変換生命器官なるもの内臓した混合栄養生物。 かすみを食う仙人とゴジラをたとえてましたが、つまりは生物の頂点に君臨する完全生命体がシン・ゴジラで描かれるゴジラといえます。 劇中のセリフに「噛み合わせが悪い」というのもそれを物がっています。自身の体内で必要なエネルギーを造れるゴジラにとって、歯の役割は皆無に等しわけで、ゴジラの歯並び悪くしたのは退化を表現していたとも指摘できます。 また、映画パンフレットには庵野監督はゴジラの尻尾を演出意図から大きくするよう指示があったことがインタビューで紹介されています。 今作のゴジラの特徴の一つに尻尾が異様に長いことが挙げられます。最初の登場シーンでは海上から尻尾がうねっているとこからはじまり、ラストでは尻尾のドアップで終わっていました。 いずれにしても、初代ゴジラを忠実に踏襲(特にフォルム)しているものの庵野テイストはしっかり組み込まれていました。.